Webライター関連

Webライターとは「文章を通じて読者に行動を促す」仕事です【本質】

eye-catch
イッヌ
副業で+αの収入を得たい

 

イッヌ
Webライターって副業の中でも稼ぎやすいって聞くけど、どんな仕事をするんだろう?

 

結論として、副業をはじめたいならWebライターはかなりおすすめです。

誰でも頑張れば月3万円以上の副収入を得ることができます。

 

本記事ではそんなWebライターの仕事について

  • 仕事内容や魅力
  • 必要なスキルや資格・道具
  • 平均年収や稼げるようになるための工夫

これらの観点で解説していきます。

 

イッヌ
「副業Webライターとして稼いでみたい!」

 

という方は、Webライターという仕事の基本がわかるので、ぜひ最後まで御覧ください。

 

イッヌ
解説していくよ

 

 

Webライターとは

Webライターとは

Webライターの定義は、

「Webに掲載する記事を執筆する職業」のこと。

 

イッヌ
どういうこと?

 

例えば、ネット検索の際に、GoogleやYahooを使うと思います。

さまざまな検索結果が出てきますが、その1つ1つをWebライターが執筆しています。(一部Amazonや楽天などの商品販売ページなどは別)

 

読みやすい文章を書き、読者に伝える。

 

文章を通じて読者に行動を促すことがWebライターの目指すところになります。

 

イッヌ
文章を書くだけじゃなく、読者に伝えることが大事なんだね

 

 

Webライターの仕事内容と魅力

Webライターの仕事内容と魅力

Webライターの仕事は案件によってさまざまです。

  • 記事執筆
  • 記事構成案作成
  • メルマガ代行
  • コラム記事執筆
  • 広告文執筆
  • 商品の説明欄執筆
  • 記事の推敲・編集・校正

などなど、数多くあります。

 

記事執筆することだけがWebライターの仕事ではないことを理解しておきましょう。

 

Webライターの魅力

Webライターになるメリットとしては、

 

メリット5つ

  1. 自宅で好きなときに仕事ができる
  2. 初期投資が少ない
  3. さまざまな知識が身につく
  4. 確かに伝わる文章力が身につく
  5. 効率的に稼げる

 

があります。

 

逆に、Webライターになるデメリットとしては、

 

デメリット3つ

  1. 単価が安い
  2. 締め切り前はプライベートの時間がなくなる
  3. 休みの日でも連絡が入ってくる

 

があります。

 

Webライターは好きな時に働きやすいですが、単価の低さや納期といった過酷さも兼ね備えています。

 

【現役Webライターが解説】Webライターのメリット5つ・デメリット3つ」という記事にてWebライターになるメリット・デメリットを深堀りして解説しています。

 

合わせてご覧いただくとWebライターになったときのイメージが膨らむはずです。

 

イッヌ
Webライターをはじめる前にメリット・デメリットは理解しておきたいね

 

 

Webライターになるためには

Webライターになるためには

Webライターになる方法は大きく分けて2つ。

  1. 正社員として企業のWebライターとして働く
  2. フリーランスとして働く

正社員として働く場合は安定した給料がもらえ、さらにはSEOや記事執筆といった企業ならではのノウハウを得ることができます。

 

フリーランスとして働く場合は、好きなクライアントと、好きな時間に、好きな場所で働けるのが一番のメリットでしょう。

収入が安定しにくいのが難点ですが、働いた分だけ報酬も増えますし、実力がついてくると高時給で楽に働くことができるようになります。

 

イッヌ
副業として働くから、みんなはフリーランスだね

 

Webライターに必要なスキル・資格は?

Webライターになるために特別な資格は必要ありません。

 

今すぐにでもWebライターを名乗ることができます。

 

イッヌ
今日からあなたもWebライター!

 

資格は必要ありませんが、必要なスキルは1つだけあります。

 

それは、

イッヌ
読者に確かに伝わる文章が書けること

です。

 

このスキルがあれば、クライアントだけでなく、読者からも感謝されるWebライターになれます。

 

その他にも、

  • クライアントとの関係
  • 良い案件を選ぶ能力
  • 記事執筆速度

といったものも必要になってきます。

 

良質なクライアントとの関係により、楽しく仕事ができますし、単価の交渉もしやすくなるでしょう。

ハズレ案件、地雷案件を見極める力も必要になります。

 

活動を行いながら、改善を重ねてスキルアップしていきましょう。

 

イッヌ
誰でもなれるから副業におすすめなんです

 

 

稼ぐWebライターになるには

稼ぐWebライターになるには

正社員で働く場合は固定給として安定的に給料が入ってきますが、フリーランスとして働く場合の収入はどうしても安定しません。

 

Webライターの収入は文字単価×文字数で決まります。

文字単価1円で2000文字書けば2000円の報酬となります。単純ですね。

 

イッヌ
毎日1万文字書けば生活は余裕じゃん

 

 

Webライターの平均年収・月収は?

フリーランスWebライターの平均年収は200万未満が36%、200~400万が20%となっています。

【参考】フリーランス白書2020

 

年収200万だと、月収換算で16万ほど。

都会のひとり暮らしには物足りないですが、田舎のひとり暮らしなら余裕で生活できるだけの金額は稼げているようです。

 

より良い生活にするためにも固定費の削減は絶対にやっておきましょう。

お金に関する知識を手に入れたいなら「リベ大」がおすすめです。

 

生活の質を下げない固定費の削減法を学べます。リベ大はこちら

 

イッヌ
お金に関する勉強ならリベ大だね!YouTubeもおすすめだよ!

 

 

Webライターのスキルアップ方法

Webライターのスキルアップ方法

Webライターとしてスキルアップを目指すなら、

  • SEOの知識を学ぶ
  • Webライティングに関する本を実践する
  • とにかく文字を書く

ことが必要になります。

 

クライアントは検索の上位に記事を出し、販促や集客から売上アップにつなげたいと思っています。

 

SEOの知識は必須ですし、読者に伝わる文章を書くためにも、Webライティングに関する本を読んで勉強しておきましょう。

 

Webライターにおすすめする1冊は、「文章は型が9割」という本です。

 

文章は型が9割の紹介

買うだけで文章のテンプレが44個も手に入ります。

構成をする際にも、執筆時にも、修正する時にも役立つので、ぜひ手元に持っておきたいところ。

 

 

Webライターに必要な道具

Webライターに必要な道具

最後にWebライターに必要な道具を紹介します。

 

こだわるとたくさんのものが必要になりますが、基本的には

  • パソコン
  • ネット回線

この2つがあれば活動できます。

 

文字を書くだけのパソコンであれば3万円ほどあれば購入できます。

 

ネット回線も月4000円ほどなので、初期費用としては4万円ほどを想定しておきましょう。

 

物販やFXなどと比べると、初期投資がかかりにくいのもWebライターのメリット。

 

その分ライバルも多いですが、案件も豊富なので、安心してください。

 

イッヌ
すぐはじめれるし、やめても損害はほぼ無し

 

 

まとめ:Webライターは記事執筆を手がけ、読者を文章で動かす職業

Webライターは記事執筆を手がけ、読者を文章で動かす職業

Webライターは「ネット媒体の記事を執筆する職業」です。

 

本記事の内容をおさらいすると、

 

本記事のおさらい

  • 仕事内容は記事執筆以外にもたくさんある
  • 魅力は場所や時間にとらわれない働き方ができること
  • 必要な資格はなし!今すぐはじめられる
  • 今後身につけたいスキルは「読者に確かに伝わる文章力」
  • 必要な道具はネットに繋がるパソコンのみ
  • より稼ぐためにはSEOや文章力を鍛えること

 

こんな感じ。

 

Webライターは副業をはじめてみたい方にとてもおすすめできます。

 

まずはクラウドソーシングサイトに登録をして、どんな案件があるか確認して見るところからはじめてみましょう。

 

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスとランサーズです。

業界最大手で案件数がとにかく豊富です。

【参考】クラウドワークスを見てみる

【参考】ランサーズを見てみる

 

イッヌ
未来を変えるためにも、ぜひ副業をはじめてみよう!

スポンサードリンク

-Webライター関連
-

© 2021 kakitaブログ Powered by AFFINGER5