Webライター関連

「読者に伝わる文章力」が鍛わるWebライティングの基本6つ

eye-catch
イッヌ
Webライティングを基本から学びたい!

 

イッヌ
最近Webライターをはじめたけど、良い文章が書けないよ

 

そんなあなたにWebライティング歴2年目のプチ先輩が基本を教えます
イッヌ

 

 

結論、Webライティングの基本は6つだけです。

 

Webライティングの基本6つ

  1. ターゲット(読者)を理解する
  2. 情報収集を行い、構成を作る
  3. 結論ファーストで書く
  4. 【超大切】読者を想い、一文一義を徹底する
  5. エビデンス(証拠)の用意
  6. 校正を怠らない

 

Webライター初心者の方にも分かるよう、例を交えつつ優しく解説します。

 

イッヌ
ぜひいっしょに基本から学びましょう

 

それでは、解説していくよ!
イッヌ

 

 

「読者に伝わる文章力」が鍛わるWebライティングの基本6つ

読者に伝わる文章力を鍛えるWebライティングの基本6つ

冒頭でもお伝えしたとおり、Webライティングの基本は以下の6つです。

 

Webライティングの基本6つ

  1. ターゲット(読者)を理解する
  2. 情報収集を行い、構成を作る
  3. 結論ファーストで書く
  4. 【超大切】読者を想い、一文一義を徹底する
  5. エビデンス(証拠)を用意する
  6. 校正を怠らない

 

この6つを大事にするだけで相当良い文章が書けるようになります。

 

イッヌ
Webライターのプロは全員やっているんです

 

それでは、1つずつ解説します。

 

基本①:ターゲット(読者)を理解する

まずは事前準備として、想定読者を決めましょう。

 

決める理由は、

イッヌ
ターゲットを決めないと誰にも届かない文章になってしまうから

です。

 

例えば、「筋トレ」の記事を書く場合、

  • 「20代の男性」に伝えるトレーニング法
  • 「50代以上の男女」に伝えるトレーニング法

では、記事の内容が変わってきますよね。

 

記事を書く前に、最低限「誰が」読むかは決定しておきましょう。

可能であれば、5W1Hでターゲットを絞ると、よりイメージが鮮明になります。

 

イッヌ
ちなみに、この記事のターゲットは「20~30代くらいの初心者Webライター」です

 

基本②:情報収集を行い、構成を作る

ターゲットが決まったら、情報収集を行います。

 

GoogleとYahoo、YouTubeや書籍などから情報を集めましょう。

実際に自分で経験できるなら、メモをしながら経験してください。

 

  • 実際に経験した内容や、知っている内容を書く記事
  • 何も知らず、仮想で書く記事

では、質に差が「「「顕著に」」」現れます。

 

イッヌ
経験や知識がかなり大切なんです

 

情報収集が終わったら構成を作ります。

 

構成を作っておくと、

  • 読者が読みやすい
  • 書いている途中で内容が脱線しない
  • スムーズに執筆できる

といったメリットがあります。

 

下の画像のように、見出しと簡単な概要を書いていきましょう。

 

構成の作り方

構成の作り方例

構成の時点で、仮タイトルを作成しておき、本文が完成したらもう一度考え直しましょう。

導入からまとめまでの流れを大切にして、見出しを作ります。

見出しができたら簡単な内容をメモ程度でいいので書いておくと、忘れずにすみますよ。

 

イッヌ
構成を作って書くと、超書きやすい!めんどくさがらずに作ろう

 

基本③:結論ファーストで書く

イッヌ
皆さんPREP法をご存知ですか?

 

PREP法とは

  • P → Point(結論)
  • R → Reason(理由)
  • E → Example(例)
  • P → Point(結論)

の順番で文章を書いていくことで、わかりやすい文章になるという方法です。

よく結論から話せって言われますよね。あれのことです。

 

Webライター初心者の方は、まず「PREP法」をマスターしましょう。

 

特に、「結論ファースト」で書くことだけは徹底するようにしてください。

 

イッヌ
なんで???

 

理由は、

イッヌ
読者は文章を読みたくないし、時間がないからです

 

あなたは何か調べ物をするときに、

  • 最初の1行目に答えが書いてある記事
  • 1000行目に答えが書いてある記事

どちらが嬉しいですか?

 

そういうことです(悟ってください)

 

イッヌ
「結論ファースト」は大事です!

 

基本④:【超大切】読者を想い、一文一義を徹底する

先程、

イッヌ
読者は文章を読みたくないし、時間がないからです

 

と言いました。

 

そうなんです。読者はあまり文章を読みたくないんです。

 

この文章のように長ったらしく改行も句読点もない文章は読みづらく読者にとってはいい迷惑ですし書いている内容がぜんぜん伝わりません。

 

超大切なことを言います。

 

イッヌ
みなさん!一文一義を徹底してください!!

 

一文一義とは

一文一義とは、「1つの文章に1つの情報を入れること」です。

  • 今日はいい天気なので、犬と散歩に行きます。

↓ (一文二義の文を一文一義にします)

  • 今日はいい天気です。 / なので、犬と散歩に行きます。

このように、一文一義にすることで内容が伝わりやすくなるのです。

 

何度もいいますが、読者はあまり文章を読みたくありません。

できるだけ文章を短くし、伝えたいことを1つずつ伝えてあげましょう。

 

イッヌ
接続詞をなるべく使わないように意識するだけで、相当読みやすくなりますよ

 

伝わらない文章はゴミです意味がありません。

Webライターのプロになるためにも「一文一義」を必ずマスターしましょう。

 

イッヌ
読者が読みやすく、伝えたいことが伝わる文章を目指したいね

 

基本⑤:エビデンス(証拠)を用意する

読者に理解を深めてもらったり、信じてもらうためにも

イッヌ
エビデンス(証拠)

を用意しましょう。

 

例を挙げると、

  • 僕は税理士です。
  • 僕は税理士です。(合格証の画像付き)

どちらが信頼できるでしょうか?

 

エビデンスになるものは、

  • 写真や動画
  • 信頼できる情報源からの引用
  • 実名での活動

など、さまざまです。

 

イッヌ
よくわからんサイトから引っ張ってきた情報とかは使っちゃダメだよ!?

 

基本⑥:校正を怠らない

校正とは、文章をよりきれいに美しくするための作業です。

 

イッヌ
僕の書いた文章、、、あぁ、、、ふつくしい・・・

 

自分で書いた文章を読み直し、

  • 余分な部分をとにかく削り
  • 改行は多めにして
  • 接続詞はなるべく使わず
  • 誤字脱字を撲滅

してください。

 

Wordの校正機能を用いたり、校正サイト(Enno)を使うと時間がかかりません。

 

ライティング案件の場合、誤字脱字はクライアントの信頼を確実に損ねます。

 

イッヌ
 (ク)誤字脱字があると僕の手間が増えるんだよなぁ

 

声に出して3回くらい読むと誤字脱字のない文章に仕上がります。

忘れず校正をしてください。

 

Webライティング案件に応じて注意したいこと

Webライティング案件に応じて注意したいこと

Webライティングの基本以外にも守ってほしいことを紹介します。

クライアントに応じて変わってくる部分もあるので、案件の内容をしっかり確認してくださいね。

 

期日を守る

当然です。死んでも守ってください。

 

レギュレーションを守る

レギュレーションとは「文章を書くルールのこと」だと思ってください。

 

クライアントによって、

  • 同じ語尾の3回以上の連続を禁止
  • 「みかん」→「ミカン」で統一
  • 誤字脱字の禁止
  • 「だ・である調」で書くこと

など、さまざまなレギュレーションが存在します。

 

レギュレーションが用意されているなら、執筆しはじめる前に、必ず頭に叩き込んでおきましょう。

 

イッヌ
レギュレーション違反で書き直すのマジツライ。。。

 

クライアントの目的を理解し、反映する

クライアントが案件を発注する目的を考えましょう。

より稼ぐためには必要なことです。

 

クライアントの目的は、

  • 人手が足りておらず、素早く納品して欲しい
  • 丁寧な文章を書いて欲しい
  • Aサイトからの売上をUPさせたい
  • B商品の認知度をUPさせたい
  • 20代にウケる文章を書いて欲しい

など、様々です。

 

目的を理解し(なんならクライアントに直接聞いてください)、文章に反映しましょう。

 

イッヌ
文章に反映すると、ちゃんと喜んでくれます!嬉しいね

 

クライアントや読者に喜んでもらえたり、感謝されるWebライターを目指しましょう。

(クライアントから信頼を得ると、単価も上がりやすいです)

 

 

Webライティングが上手くなりたければ実践あるのみ

Webライティングが上手くなりたければ実践あるのみ

ここまで読んでいただいた方は、かなりWebライティングの基礎が身についたはず。

 

イッヌ
インプットができた状態です

 

上手になるためにも後はアウトプットしていくのみ!

 

アウトプット内容は、実際にブログをはじめてみるでもいいですし、案件を獲得してみるのもありでしょう。

とにかく手を動かして記事を書いてみてください。

 

もし、案件を獲得してみたいなら「クラウドワークス」と「ランサーズ」がおすすめ。

どちらも業界大手のクラウドソーシングサイトで、豊富な案件があります。

 

>>クラウドワークス公式サイトへ

>>ランサーズ公式サイトへ

 

今後Webライターとして活動するならどちらも欠かせません。

登録は無料なので、ぜひどちらも使える準備をしておきましょう。

 

イッヌ
Webライターはほぼみんな登録してるんだ

 

 

Webライティングの基礎まとめ:読者に確かに伝わる文章を書こう

Webライティングの基礎まとめ

Webライティングの基本6つをおさらいすると、

 

Webライティングの基本6つ

  1. ターゲット(読者)を理解する
  2. 情報収集を行い、構成を作る
  3. 結論ファーストで書く
  4. 【超大切】読者を想い、一文一義を徹底する
  5. エビデンス(証拠)の用意
  6. 校正を怠らない

 

イッヌ
覚えてくれましたか?

 

記事を書く際は、学んだことを1つでもいいので実践してみてください。

上達するには「改善しつつ手を動かす」ことが大事です。

 

イッヌ
ぜひ今回の記事を参考にしていただけると嬉しいです!それではっ

 

スポンサードリンク

-Webライター関連
-,

© 2021 kakitaブログ Powered by AFFINGER5