Webライター関連

Webライターの平均収入は〇〇円!?気になる案件の相場も解説

web-writer-income
イッヌ
Webライターの収入ってどれくらいなのかな?生活できるくらい稼げるのかな?

 

結論として、Webライターの収入の目安は月1~50万とバラバラ。

なぜかというと、選んだ案件やその人の頑張り次第だからです。

 

本記事ではWebライターの「収入の目安」を解説するとともに、「案件の相場」も学べます。

稼げるWebライターになるためにもしっかりと相場観を持つことが大切です。

 

イッヌ
では解説していくよ!

 

 

Webライターって、稼げるの?収入金額は?

Webライターって、稼げるの?収入金額は?

Webライターの仕事は、「稼げない仕事」と思われがちです。

その原因のひとつに、案件の単価の低さが挙げられます。

 

「これではいくら書いても稼げない……」と思うような、1文字0.3円や0.5円の案件がたくさんあるのです。

 

イッヌ
こういった案件は絶対に無視しよう

 

確かに、1文字当たりの単価で見ると、Webライターの仕事は稼ぎにくい仕事です。

しかし、上手に案件を選んで、自身のスキルアップに努めれば、しっかりと稼ぐことができます。

 

Webライターの仕事は基本的に案件の単価と成果物(原稿)をどれだけ納品したかで決まります。

単価が低い案件でも、スピーディーにたくさん納品できればまとまった金額を稼ぐことも夢ではありません。

 

なかには、1カ月で50万円近く稼ぐ人もいますが、その一方で1カ月1万円も稼げない……という人も決して少なくありません。

 

イッヌ
専業Webライターの平均月収は20万ほど、まぁ悪くはないよね

 

Webライターの仕事の良いところは、頑張れば自分が欲しいだけ稼げるところです。

 

「今月はもう少し稼ぎたいな」
「欲しいものがあるからお小遣いが欲しいな」

と思ったときに、しっかりと頑張ることでその分収入を増やすことができます。

 

イッヌ
時給制の仕事にはない大きな魅力だね

 

 

Webライターとしてしっかり稼ぐには

Webライターとしてしっかり稼ぐには

Webライターの仕事でしっかり稼ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

 

しっかり稼ぐには、「案件の見極め」が大切になってきます。

できるだけ良い案件を選んで引き受けましょう。

良い案件と悪い案件の見極め方はこちらの記事が参考になります。
(リンク)


もう一つ大切なことは、「クライアントとの単価の交渉」です。

契約更新のタイミングなどで「0.1円でも良いから単価を上げてほしい」と粘り強く交渉することで、徐々に文字単価が上がっていきます。

文字単価が上がればそれだけ収入もアップするので頑張りましょう。

 

イッヌ
単価交渉は本当に大事!

 

そして、最も大切なことはクライアントからの信頼を得ることです。

クライアントからの信頼があるWebライターは、他の案件も直接振ってもらいやすくなります。

 

  • 納期を守る
  • 高いクォリティを維持する
  • スキルアップに努める

など、クライアントの信頼を得るように努力しましょう。

 

信頼は、どれだけお金を積んでも買うことができない財産です。

 

イッヌ
クライアントからすると、信頼のない人にお金は払いたくないのです。。。

 

Webライターの案件の相場は?

Webライターの仕事とひと口に言っても、その種類はさまざまです。

 

ブログやオウンドメディアのコンテンツを作成する「記事制作」のほか、

  • ネーミング
  • キャッチコピーの制作
  • Web広告の原稿制作
  • インタビュー記事の制作
  • リライトや編集

など多岐にわたります。

 

クラウドソーシングサイトのランサーズによると、「記事制作」の相場は1文字0.5~5円程度です。

Web広告の原稿制作となると、1本2万円という案件も存在します。

【参考】ランサーズ-案件の相場(https://www.lancers.jp/help/beginner/client/examples#example-writing)

 

ネーミングやキャッチコピーの制作は、コンペ形式で募集されることが多く、当選すれば多額の報酬が得られますがライバルも多いです。

 

イッヌ
選ばれると1回で30万~の報酬が得られます。ウハウハですね。

 

最近はYoutube用のシナリオや電子書籍の制作もたくさん依頼されています。

これらの仕事も1件5000~5万円と報酬額に幅があるので、応募する際は文字数や納期などの条件をよく確認しましょう。

 

基本的に、インタビューや取材を伴う案件は単価が高くなる傾向にあるのもポイントです。

しかし、求められるスキルが高くなるので、初心者には向いていません。

 

もしこれまでのキャリアでインタビューや取材の経験があるのなら、チャレンジしみてるのもよいでしょう。

 

イッヌ
初心者は文字単価1円の記事作成案件を狙って応募してみよう

 

相場と著しく異なる単価の案件には要注意!

クラウドソーシングサイトで公開されている案件のなかには、相場と著しく異なる単価の案件もあります。

1文字0.1円や0.2円などの案件は、たとえ初心者であっても受けないようにしましょう。

 

イッヌ
絶対にダメです

 

この手の案件は書いても書いても稼げないので、消耗が激しいです。

仮に1000文字の原稿を書いたとしても、100円ほどにしかなりません。

 

経験になるから……と受ける人もいますが、そういう人がいるので超低単価の案件が減らない面もあります。

相場が大きく崩れる原因にもなるので、「自分でもできそう!」と思っても応募しないようにしましょう。

 

イッヌ
0.1円の案件も、1円の案件も作業に変わりはないのです。なら1円の方がいいですよね?

 

 

初心者が目指すべきは「文字単価1円」

初心者が目指すべきは「文字単価1円」

Webライターをはじめたばかりの人は、初心者だから……と1文字0.2~0.3円の案件に応募することが多いです。

 

はじめたての頃はそれでも良いかもしれませんし、kakitaも最初の一回は操作を覚えるためにもタスク案件を勧めています。

ですが、Webライターの仕事を長く続けていくつもりなら早めに1文字0.2~0.3円の案件からは卒業しましょう。

 

1文字0.2~0.3円の案件は、手間のわりに稼ぎが良くありません。

 

文章を書くといっても、ただ文字を打てば良いというわけではなく、良い記事を書くには資料集めや事前調査などの時間も必要です。

1文字0.2~0.3円の案件の場合、数をこなさないと稼げないので、事前準備に割ける時間が限られてきます。

 

結果として記事のクオリティが落ちてしまうのです。

 

仮に3000文字の案件を事前調査込み2時間で仕上げたとしましょう。

この場合、時給に換算すれば300~600円。

 

イッヌ
バイトしたほうが稼げるやん・・・

 

次から次へと記事が量産できるのなら、数で勝負するのもいいですが、消耗が激しいのは言うまでもありません。

 

結論、初心者であっても、まずは「文字単価1円の案件」を目指してください。

 

1文字1円であれば、ある程度事前調査や準備に時間も掛けられるので、初心者には手間と単価のバランスが良いと言えます。

 

1文字1円以上になってくると、専門的な知識や+αのスキル・対応が求められたり、納期がタイトなことがあります。

なので、まずは1文字1円を目指して実績を積んでいき、文字単価1円以上に挑戦していきましょう。

 

イッヌ
初心者が1円の案件をやってはいけないというルールはありません。

 

 

初心者Webライターはまず月収3万円を目指そう!

初心者Webライターはまず月収3万円を目指そう!

Webライターとしてデビューしたら、まずは月収3万円を目指しましょう。

 

欲を出し過ぎないことがWebライターを続けていくコツです。

今の収入が3万円増えたら、いろいろやれることも増えますよね?

 

3万円の次は5万円、5万の次は10万円と少しずつ目標を増やしていきましょう。

Webライターとしてひとり立ちできるようになると、コンスタントに月収20万円を稼ぐことも夢ではなくなります。

 

経験を積めば月収50万を超えることもできるので、ぜひ頑張ってください。

 

イッヌ
月3万稼げたら水道光熱費くらいはまかなえたり、美味しいランチが毎日食べれる!

 

 

【まとめ】Webライターの収入は頑張った分だけ増える!相場は文字単価1円~

【まとめ】Webライターの収入は頑張った分だけ増える!相場は文字単価1円~

本記事をまとめると、

本記事のまとめ

  • Webライターはちゃんと稼げる
  • 稼ぐためには案件の見極めと単価交渉が必要
  • 記事執筆案件の相場は1文字1円
  • 安売り厳禁!低単価の案件には手を出さない
  • 初心者はまず1文字1円を目指そう!

です。

 

Webライターは、頑張れば頑張っただけ収入が増えていきます。

  • 今月は物入りだから少し多めに稼ぎたい
  • 今月は欲しいものがあるから頑張ろう
  • 体調が悪いから今月は仕事を少なめに

というモチベーションも反映できるのが魅力。

 

イッヌ
自分で仕事量をコントロールできるとストレスも少ないですね

 

頑張りがきちんと目に見える「収入」になるので、ぜひモチベーションを高めてWebライターとして一歩踏み出しましょう!

 

クラウドソーシング紹介

どんな案件があるのか見てみたい方はこちらからどうぞ!

クラウドワークス

ランサーズ

どちらも業界最大手のクラウドソーシングサイトです。

※案件の確認には無料の会員登録が必要です

実際に案件を見て、相場観を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

-Webライター関連
-, ,

© 2021 kakitaブログ Powered by AFFINGER5